下半身デブになりやすい人の前兆サイン

皮膚を見ればわかる下半身デブの前兆サイン

下半身が太りやすい…脂肪、セルライトが付き始めている人の特徴は自分でチェックすることができます。今回は大惨事になる前に自分で行う下半身デブ度チェック方法を紹介。人のいないところで行ってみて自分の状況を把握してダイエットに役立ててください。

下半身デブ度のチェック方法

調査方法は至って簡単です。
自分の皮膚を摘んで親指とその他の指でこすり合わせるだけ。こうするだけで下半身デブ度、またはこれから気をつけたい脂肪、セルライトのつき具合がわかります。

 

皮膚表面にプチプチ感がある…

このケースはまだ外見的に大丈夫ですが油断をすると脂肪が溜まりやすいセルライトもできやすくなる状態と言えます。状態としてむくみが気になりだした…傷、アザなどが治りにくい…また強く皮膚を摘んでこすると若干ですがプチプチした感じになる…

 

このようなケースでは皮膚の下で水分が溜まりだしておりリンパ液を通しての老廃物の流れや排出が悪くなっています。人によっては血流といった体の巡りも悪くなっており冷え性などに悩むケースもあり。外見的に大丈夫ですが皮膚の下にある皮下脂肪が増殖されつつある傾向と覚えておきましょう。

 

手で摘まうと皮膚表面がボコボコする…

いわゆるセルライトが表面化されそうな状態です。
どうでしょうか、日常生活でむくみなどが頻繁に発生して悩んでいないでしょうか。摘んで皮膚がボコボコ状態は内出血をしやすく、ちょっとした衝撃でアザになりやすい特徴もあります。皮膚を押したりつまんだりすると少し痛みを伴うケースもあります。

 

皮膚の凸凹を感じるようになったら少し焦りましょう。そのまま放置をしておくと脂肪がドンドンと溜め込まれていき手で抑えていない状態でもボコボコとしてきます。つまりセルライトが表面化されます。むくみ症状などもパンパンだったものから脚が痛い…なんて状態になりやすいです。

 

手で抑えなくても皮膚がボコボコ…

この状態はむくみも酷い状態。
痛みを伴うケースもあります。下半身に水分も溜まっている状態です。こうなると毛穴、汗腺も押し上げられて皮膚表面が凸凹状態になります。日本人でもこの状態のセルライトを持っている人は実は意外に多いです。

 

実はこの状態まで来ると酸素、栄養素が不足しており細胞、コラーゲンを作る機能が正常に働いていません。下半身のハリ・ツヤも失われてくるため真剣に下半身痩せを行わないと余計に太ってきて、最悪は病院で脂肪吸引なんてことも起こりえます。

 

日本人に多い下半身デブになりやすい人の皮膚特徴を挙げてみました。どうでしょうか。自分に当てはまる状態が合った場合は下半身が脂肪、老廃物を溜め込みやすい状態です。できるだけ放置をせずに正しい方法で下半身痩せを行っていきましょう。外見は問題なくても、むくみが気になっている場合は初期段階です。むくみを改善して余計な水分が貯まるのを防ぎましょう。