脚細スッキリ美脚術

脚を細く美しく見せるためのルール

脚が綺麗な人って見えない所で本当に様々なケアを実践しています。そして一番気にしているのが脚のむくみ、冷えです。むくみは水分が停滞した状態。冷えは体の巡りが悪くなって血液、リンパ液の流れが悪く老廃物が溜まりやすい状態を示しています。ですから脚の綺麗な人はこの2つのトラブルを非常に気にします。

 

下半身デブ、セルライトなど実はむくみ症状、冷え性を起こさない体作りをすれば防げることなんですよ。

 

ちなみに私も実践しており友人のジムインストラクターをしている方も実践している脚を綺麗にするための秘策を教えましょう。

 

  • お風呂でリンパマッサージ
  • 就寝時は脚を上げて寝る
  • できるだけ靴はヒール以外を履く

 

意外と思うかもしれませんが各プログラムには意味があります。まずお風呂でリンパマッサージですがお風呂は一日の疲れを癒やす場所。そして体が最も温まります。そこで足首から太ももにかけてマッサージをしていきます。重力によって下に停滞した血液、リンパ液、老廃物をマッサージで刺激して上半身に押し戻すような感覚です。お風呂の後でも良いですが湯船に使ってリラックスしている状態で行うのが一番効果的と判断しています。

 

続いて寝る時です。
心臓より脚を高い位置にして寝ると翌朝のスッキリ具合が違います。特に寝起きはむくみがちな人ほど脚を高くして寝るようにしましょう。下半身に停滞した老廃物など寝ている時に上半身に戻してくれます。

 

最後は人前ではヒール高い靴を履くのは問題ないですが1日を通してハイヒールを履いていると余計な筋力を使い脚の形がアンバランスになります。こういった時はスニーカーを履きましょう。スニーカーなら脚が安定してバランスが良いです。余計な筋力を使わずに済みます。私も会社についたら置いてあるマイスニーカーへと履き替えて仕事をするようにしています。

本当は教えたくない裏技の脚スッキリ術

上で発表したこと以外にむくみ、冷えが良くならない時期などに利用する裏技が私の中にあります。一つはむくみサプリメントを朝、寝る前に飲みます。水分代謝を促進させる素材が配合されているため余計な水分を体に溜め込まないようになります。

 

夏場はあまり使いませんが体の冷えやすい冬場は10月〜4月あたりまで使うようにしています。体が冷えると水分も溜まりやすいので水分代謝は本当に大事です。

 

続いては着圧ソックス、ストッキングの利用です。
仕事では着圧ソックス、ストッキングを履くようにしています。コツは最初から締め付けのキツイ着圧グッズを選ばないことです。徐々にPhを上げて締め付けを強くしていくと脚も痛くならずに良い感じになります。

 

ストッキングはかなりキツイ時もあるので慣れないようならソックスタイプを使うと良いでしょう。毎日履くものなので2足、3足と予備を準備しておくようにします。むくみにも良いですし下半身の冷えにも効果抜群。冬場は着圧、サプリメントの両方を使うと脚が冷えることもなく夕方、飲み会後、翌日などむくみ症状が起こらずにスッキリとした状態を迎えることができます。

 

水分はしっかりと補給するようにする

意外と思うかもしれませんが水分はしっかりと補給した方が良いです。体の巡りが正常であれば飲んだ分は尿や汗として適切に排出されます。異常があれば水分は体に蓄えられて、むくみ症状や水太りになったりします。ですから体のどこかしらにトラブルがあると考えることもできるわけです。

 

ちなみに飲料は糖分、カフェインが多いスポーツドリンク、コーヒーではなくミネラルウォーターを飲むようにしています。ドリンク代がもったいない場合は水筒に水を入れて持参するようにすればOKです。

 

逆に冷え、むくみが怖くて水分補給を減らすのは体にもよくありません。体は60〜70%が水分です。正常値より低い状態はトラブルも起こります。また脳が水分を欲した状態になってしまうと普段より余計に水分補給してしまうもの。できるだけしっかりと水分は取り、排出できる体作りをすることが脚痩せには大切なんですよ!

更新履歴